茅ヶ崎市での葬儀|家族葬って?

茅ヶ崎市の家族葬の礼法

茅ヶ崎市の家族葬の礼法の写真

家族葬に参列する場合は、通常のお葬式とは異なる点もあるので注意が必要です。

家族葬の場合も多くありますが、葬儀の基本的な礼儀作法を参考にしながら、故人や遺族に敬意を持って振る舞うことが大切です。家族葬の場合は、家族や親族のみで行うのが基本的なスタイルです。家族葬にも様々な種類がありますが、一般的には遺族が参列するのは遺族が招待された場合のみとなります。家族葬であれば、遺族からどのような告知があるのかを知らずに参列しないことが大切です。死亡記事に出席しない旨が記載されている場合や、葬儀場や日程などの情報がない場合は出席しない方が良いでしょう。しかし、葬儀社や日付が記載されていて、辞退の意思表示がない場合は出席しても構いません。基本的には、家族葬と言われた場合や、行くべきかどうか迷っている場合は、確認してから判断するのが一番です。自分の気持ちだけで参列すると、家族の水場に支障をきたす可能性があることを頭に入れておきましょう。通夜後や葬儀・告別式の後に食事ができる場合は、家族からの誘いがあれば出席するようにしましょう。例えば、小さな家族葬の場合、出席者200人中1人が公営の葬儀に出席を拒否して出席しない場合よりも、20人中1人が出席を拒否している場合の方が影響が大きいと考えられます。これらの食事は、施主が参列者を楽しませるという意味合いもありますが、故人を偲び、語り合いながら食事をすることが供養であるという考え方もあります。故人の供養でもありますし、特別な事情がない限り、食事のお誘いを受けるのがマナーです。