茅ヶ崎市での葬儀|家族葬って?

茅ヶ崎市の家族葬のまとめ

茅ヶ崎市の家族葬のまとめの写真

マナーを気遣うということは、先方を気遣うということです。

喪主や遺族への思いやりを十分に持ち、家族葬で何ができるかを判断しましょう。近年の価値観の多様化に伴い、家族葬を選択する人が増えています。全日本仏教会の報告書によると、自分が亡くなったときにしたい葬儀の種類として「家族葬」と答えた人は38.7%。これは一般葬や直葬を抜いて最も高い割合となっています。仏教徒でも「家族葬」と答えた人は33.8%となりました。自由度が高い傾向は、家族葬にも表れており、様々な方法で行うことができます。しかし、自由度が高ければ高いほど、考慮しなければならないことが多いのも事実です。実際には、自由度の高い葬儀社に相談して、故人の希望を汲んでやり方を決めていくのが無難かもしれません。最近では、わかりやすく分類して、パターンに沿って費用を設定し、ニーズに合わせて様々な提案をしてくれる葬儀社もありますので、相談してみてはいかがでしょうか。プロの意見を参考に、故人を偲ぶには家族葬が最も適しています。家族葬であれば、葬儀に参列する人がいないため、挨拶も少なくて済むため、故人との最後の時間を有意義に過ごすことができるというメリットがあります。一方、費用面では、小規模な家族葬ではありますが、実際にかかる費用は通常のお葬式と変わらず、場合によっては費用が高くなることもあります。事前の相談会で葬儀社に見積もりを依頼する際には、家族葬を希望している場合でも、通常のお葬式と同様に見積もりを依頼し、費用を比較してみることをおすすめします。家族葬は今後ますます一般的になっていくことが予想されます。そうなると、家族葬に関連する商品やサービスの幅も葬儀社ごとに広がっていきます。いざという時には、複数の葬儀社を回って、どのような家族葬サービスがあるのかを調べたり、見積もりを比較したりするのが大変な場合もあります。時間に余裕があるうちに葬儀社を訪問して、家族葬の見積もりを依頼するのが良いでしょう。家族葬は、通常の葬儀のように参列者の多さを気にする必要がなく、代わりに家族や親族が故人と最後の大切な時間を過ごすことができるというメリットがあります。伝統的な葬儀と家族葬にはコスト以外にもメリット・デメリットがあり、それぞれの家族がどのような葬儀を選ぶべきかを十分に検討することが大切です。