茅ヶ崎市での葬儀|家族葬って?

茅ヶ崎市の家族葬の注意点

茅ヶ崎市の家族葬の注意点の写真

家族葬の定義には、「誰を呼ぶか」という範囲は含まれていません。

「誰を呼ぶか」は、実際の家族葬に対する家族の考え方に大きく左右されます。家族だけでお別れをしたい場合は、親戚や友人知人を呼ばない。一方、家族が家族と親しかった親しい友人にも葬儀に来てもらいたい場合は、親しい友人にも参列してもらうことになります。このような意味では、家族葬に招待する人を家族が決めることができるので、従来の葬儀のように参列者の人数が当日までわからないということはありません。しかし、誰を呼んでいいのか、誰を呼んではいけないのかを決めるのは簡単ではないのが現実です。その人を呼ぶべきかどうか迷っているのであれば、基本的にはその人に電話をすることをおすすめします。電話をしなかった相手が後で「なぜ電話をしなかったのか」と聞いてきても、明確な理由がなくて困ってしまう可能性があります。また、相手の自宅にお見舞いに行くこともあります。このようなことをよく考えた上で、家族葬を行うかどうか、家族葬を行う場合は誰を招待するのかを決めておきましょう。また、家族葬に出席しないことを決めた人に、故人が亡くなったことをどのように知らせるかも気になるポイントです。出席しない人には、家族葬が終わった後に、家族葬が自分の家で行われたことを伝えるのが一般的です。また、家族葬の前に故人が亡くなったことを知らせたい場合は、家族葬の案内を出す際に、家族だけで家族葬を行うことや、故人の意思を尊重して出席を辞退することを明確にしておきましょう。家族葬という言葉は、それ自体が使われていることが多く、人によって解釈が異なるため、思わぬトラブルに発展することもあります。少子高齢化により葬儀の規模は小さくなってきていますが、誤解を招かないように周知すべき情報源があることも考慮しておく必要があります。告知すべき情報源や情報源があるのであれば、その点を考慮すべきである。責められる危険性があります。やり直しのきかない葬儀をして、周りの人に角を立てられてしまうのは、残された人にとっても良い結果にはなりません。