茅ヶ崎市での葬儀|家族葬って?

茅ヶ崎市での家族葬の意味の写真

茅ヶ崎市での家族葬の意味

一般的に家族葬は近親者のみで行うのが一般的ですが、どの親族を参列させればいいのか迷ってしまうかもしれません。

家族葬に参列する親族や近親者の範囲は、一般的には直系尊属、故人の子供の家族、故人の配偶者の家族、さらには故人の兄弟まで含まれます。また、「〇〇に関係のある方も参列する」ということを明確にしておくと良いでしょう。ただし、特に決まりはありませんので、故人と親しかった人や友人などに出席をお願いしてもいいですし、わからない場合は招待してもいいでしょう。家族葬の範囲についての記事がありますので、参考にしてみてください。

家族葬で一番頭を悩ませるのが、誰に連絡して誰に連絡しないのか?ということです。家族葬という名目で、故人の親族や友人を呼んではいけないのでは?これを気にされている方もいらっしゃいます。結論から言うと、家族以外の方が家族葬に参列しても問題はありません。また、「家族葬だから参列者は少人数でなければならない」という決まりはありません。家族や親族、故人と親しくしていた人に連絡するのが一般的です。

人によっては、知らせるべきかどうか迷うこともあるでしょう。この場合は、故人の死を知らされて家族葬が行われることを知らされたらどうするかを考えてみましょう。家族葬とはいえ、出席すべきか、しないべきか、知らされたら迷ってしまうのではないでしょうか。このような負担にならないようにとの配慮から、知らせるべきかどうか迷ってしまうケースが多いのです。

葬儀が終わったら、家族葬が行われたことをきちんと伝えます。しかし、地域によっては、故人が亡くなったことを知らせないことで、その後の友人とのやりとりが面倒になり、家族に迷惑をかけてしまうこともあります。困ったことがあれば、葬儀社に相談してみましょう。

また、葬儀への出席を控えた友人や知人、仕事関係者などには、葬儀後の挨拶状を送付してお知らせします。告知のタイミングについてですが、家族葬が終わってすぐに告知をすると、自宅にお参りに来る人が増える可能性があります。一般的には、四十九日法要の後に通知すると良いでしょう。または、年末が近づいてきたら、元旦の欠礼(喪中はがき)でも良いでしょう。通知書には、家族葬を行った旨を記載します。

家族葬を茅ヶ崎市でするなら葬儀社グランドセレモニーへ